大野松雄90th記念イベント「大野松雄 音の世界—番外編—」

  • date_range 10.04 (Sun) Open: 15:20 Start: 15:30 ⇨ 10.07 (Wed) 17:30
  • grade Live
10月4日(日) 15:30 配信開始  → 17:30 配信終了 (2h)
大野松雄90th記念イベント「大野松雄 音の世界—番外編—」

出演:
大野松雄
由良泰人
RUBYORLA


2020年、90歳を迎えた音響デザイナー・大野松雄。
戦後テレビ放送の黎明期から始めた活動は多岐に渡り、後進に大きな影響を与えた。そして、今年90歳を迎え、未だ現役で活動する"音響の魔術師"大野松雄が、今年は何と二枚の新譜を発表。1月の東京でのNyantoraことナカコー、duenn、Merzbow秋田昌美のトリオ[3RENSA]との共演ライブ盤『space_echo』に続いて、京都で創業155年を迎える「宇治香園」の依頼を受け“茶”に挑んだ意欲作 『茶の木仏のつぶやき』を9月にリリース!その驚異的なエネルギーの源泉をトークとライブでたどる「音の世界−番外編−」が10月4日、京都CLUB METROにて実現!全世界の大野フリークに向けてZAIKOでの同時生配信も急遽決定しましました!

================================


◎ 大野松雄
1930年東京生まれ。映画や黎明期のテレビで音響制作に携わり音響デザイナーとしての地位を固める。日本初の国産アニメーション「鉄腕アトム」では新しい音響表現を作り出し後進に大きな影響を与える。その後数々の「万博」、科学映画他幅広いジャンルで活動。音楽家レイ・ハラカミのアルバム「レッドカーブの思い出」では史上最高齢のリミキサーとして参加。2010年には半生を描いたドキュメンタリー映画「アトムの足音が聞こえる」が公開。また2014年には大病を克服し京都・龍谷大学アバンティ響都ホール(現龍谷大学響都ホール校友会館)にて、大友良英氏、大口俊輔氏をゲストに迎えての音の個展、『大野松雄「音の世界」』を開催。またライフワークとして知的障がい者施設、社会福祉法人大木会もみじ・あざみ寮(滋賀県)に深く関わり、記録映画の制作から寮生による創作劇での音響制作など、公私を超えた関係を40年以上築いている。


オンラインチケット(ZAIKO):
◎前売り配信チケット  ¥1,000
<販売期間:2020/9/15 10:00am~2020/10/3 11:59pm>

◎当日以降配信チケット  ¥1,500 
<販売期間:2020/10/4 00:00am~2020/10/7 9:30pm>


※ 配信のURLは購入したZAIKOアカウントのみで閲覧可能です。
※電子チケット販売プラットフォームZAIKOへの登録が必要となります。
※ URLの共有、SNSへ投稿をしてもご本人のZAIKOアカウント以外では閲覧いただけません。
※ 途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、生配信中は巻き戻しての再生はできません。
※ インターネットの接続が不安定な場合、配信クオリティが低下する可能性があります。
※配信終了日時は、10月7日23:59までとなります。
※配信中にStickitsを購入することで、応援投げ銭することが可能です。
※Stickitsの購入にはクレジットカード情報が必要となります。